スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMWによくある故障

E91ダッシュボード

BMWに限らず特に輸入車は、私の経験上で初度登録から5年目以降から少しづつ不具合が出てくる事が多いです。
ただ最近の輸入車は、昔の方々が言われるような大きなトラブルはないと思われます。
トラブルで可能性が高い箇所は…
・エアコン
 センサーやスイッチパネルのトラブルが大半
・パワーウィンドウ
 内部のリフターが壊れる。故障の前兆でパワーウィンドウを操作すると怪しい音がしたり、動きが重そうな時は要注意!!

私もE46の320に乗っていた際は、2年に一回のペースでどこかのパワーウィンドウの修理をしていました。運転席に始まり、助手席、後部窓・・・最初の三年目くらいまでは保証で直して頂いていましたが、それ以降になると保証も効かなくなるので実費修理です。大体2万円位の修理代です。
その後のE60系になると、さすがに設計も新しいのでしょうか、パワーウィンドウのトラブルは特にありませんでした、と言いたいところですが期待を裏切らず、しかも何故ほとんど開け閉めをしないリアが一度だけダメになりました。

そんな我が家のE61の335ツーリングも夏の真っ盛りにエアコンの効きが悪くなり、ガスの補充でつないでいましたが、ディーラーで診てもらったところ恐ろしい結果が・・・
ダッシュボード内のエバポレーターあたりが怪しいと。ダッシュボードを外さないとわからないが修理代は少なく見積もっても30万円超との事・・・

スポンサーサイト

E91のタイア

BMW335ツーリング(E91)のタイア交換をディーラーでお願いしました。
見積りを事前にもらったのですが、ランフラットは高いですね・・・
ブリジストンの場合:264,558円
ピレリーPZEROの場合:224,448円
いずれも工賃や廃タイア処分料なども込の金額です。

ピレリーPZEROを186,186円でという有難い提案をディーラーのサービスフロントから頂き、PZEROでお願いすることとなりました。
E91の335はアクティブ・ステアリング標準のために、これがクイックで非常にいいのですが、ちょこちょこ乗りだと切れ込みすぎてタイアの内側が片減りしてしまいます。我が家の335ツーリングも前回のタイア交換から約20,000キロ走行で今回の交換となりました。

それにしてもランフラットタイアは、どんどん進化していますね。音も静かで何よりもしなやかな乗り味です。高速道路の段差が気持ちがいいです。もちろん輸入タイアは乗っていくうちに少しづつ固くなるというように言われましたが、以前に装着していたミシュランは交換直前までしなやかでした。

ピレリーは中国企業傘下になってしまったとはいえ、特にPZEROは憧れのタイアでもあります。サイドのPZEROロゴが誇らしげですね。

PZERO

タイア見積り

続きを読む

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

E46がハイフラッシャーに・・・

しばらく、多忙でブログをお休みしていましたが再び頑張ろうと思います。

我が家のE46(BMW320)が久々のトラブルです・・・
テールライトの球切れ警告灯が時々点くようになり、車を降りて確認すると確かに切れていました。そこで取説にしたがいトランクルームの中からプラスティックのカバーを外して球がついている基盤を取り外すと、あら不思議・・・さっきまで点かなかったライト球が光っています。もしかして接触不良~と思いひっぱったりすると点いたり消えたりします。取りあえずちょうどよい位置を決めて基盤を戻すと何事も無かったように直っていました。
が・・・約1ヵ月後、スーパーで買い物をしトランクルームに荷物を積んで車に乗込むと、再び同じ症状が・・・あまり深く考えずに車を走らせると、今回はウィンカーがハイフラッシャー状態になってしまいました。さすがに今回は直すことができずあきらめてディーラーに連絡。

サービスの方の説明によると、E46モデルに限ったことではないようですがトランクを開け閉めする際の衝撃と経年劣化で基盤の接触不良が起こることはよくあるとの事です。処置としては、①基盤を交換 または、②線を取り直してアース処理をする方法があるらしく、取りあえずお任せすることに。
待つこと30分、②の方法で直ったらしく費用もサービスで直して頂いてしまいました。もし、①の基盤交換ですと約2万円強だそうです。今回は応急処置なので再発した場合は基盤交換をするとのことです。
一命を取り留めた感(?)で帰路につきましたが、やはり7年も乗るとさすがに我が家のE46も老体であることを認識せざる得ない感じがしました。と同時にショールームに展示してあった新車に目がいってしまったの事実です。また、それを見逃さずに営業の方がしきりに査定と見積りを進めてきたのも事実です。心が揺れ動く・・・

ちなみに修理以降に最近発見したのは、リアーの曇り取りの熱線を使うとラジオにノイズがはいり聞けなくなることです。多分、アースを変えたのでその影響なんでしょうね。

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

BMW認定中古車の出どころは?

認定中古車という言葉がここ数年の中で一般的になってきたような気がします。

一昔前は、中古車というと町の中古車屋さんが近所の人から買い取った車やディーラーの下取車を並べて販売していたイメージでしたが、最近はディーラー系の中古車センターも増えてきました。

BMWは認定中古車を扱うアプルーブドカーセンターの歴史も古く、扱っている車の質も高いので安心です。

BMW認定中古車仕入れ方法や素性については、あまり知られてはいませんが様々でもあります。

①新車で購入された御客様の下取車
車検やバリューローン最終回での買換えで入庫のケースが多く、サービスフリーウェイ(メンテナンス費用や保証延長などが含まれるパッケージプログラム)に加入している場合は、ディーラーで定期的にメンテナンスを受けられており、過去のメンテナンス記録なども残っていて程度はそこそこいい車が多いです。但し、車種や色やオプションなどは一般的なものが多いので珍しい色や仕様はあまり出会いにくいです。

②他店に買取や下取で入庫した車をアプルーブドカーセンターが買い取った車
地方などはディーラーよりも昔から取引のあるモータースなどで車を購入する人も多く、その場合は独自のメンテナンスをされていることも多いので程度に個体差がある場合が多いです。

③オークションなどで落札し仕入れた車
②と同様に過去のメンテナンス歴が曖昧で個体差がある場合が多いのと、ディーラーが認定中古車にすると後々リスクになるのを嫌がってオークション出品する場合が多いです。しかし、珍しい車や色があります。御客様の希望で車を探す場合に使われる方法です。

④ディーラーで試乗車などで使われていた車
高年式で新古車的な位置づけで販売されます。(新古車については、当ブログでも過去触れたので参考にしてみてください)
価格帯も高めの設定のケースが多く、新車との比較の中でお値打ちかどうかの判断をした方がいいでしょう。また、不特定多数の方が試乗しているケースも多いので新車との試乗比較をすると尚更安心です。

⑤インポーターであるBMWジャパンが広報用やデモカーとして使用していた車をアプルーブドカーセンターが仕入れた車
雑誌などで評論家の方々がインプレッションしたそのものの車の事もあり、装備や色も魅力的な車も多いです。しかし、評論家の方々がサーキットやワインディングロードをハードなドライブをしているケースもあります。また、BMWが船で到着し保管されている千葉県某所はひょうが降る事でも有名で、ボディがひょう害にあったものを板金修理をされている車もあります。(その場合はちゃんと表記されているので確認することは可能です)

思いつくのはこんなところでしょうか。
もちろん、上記のいずれの場合でも認定中古車としての整備はきちんと行われます。
しかしながら、車輌個体の程度や価格帯にも差が出てきているのは事実です。


にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

シトロエンC6を借りました

先週の一週間、シトロエンC6をディーラーから借りることができました。

我家にはシトロエンC4があって、点検とコーティングをディーラーへ預けた際の代車として借りました。
元々シトロエンC6の購入を検討していたので営業的なはからいもあったのでしょうか・・・

シトロエンC6

以前に所有していたシトロエンXMは、ボディがべったり沈んだ状態から、エンジン始動と共にカチカチいいながら車高を持ち上げるのを待つのが儀式でしたが、さすが最近のシトロエンは標準車高をしばらく維持するために進化を感じます。

シトロエンXMのセルフセンタリングのパワーステアリングのような自動でクルクル戻る驚きもなく自然な感じです。正直、ちょっと物足りない感じもしました。

しかし、道路に出て走ってみるとやはりシトロンそのもです。
シトロエンC6はスムーズかつフラットに疾走します。新幹線が駅を出て加速していくときの感覚といっていいくらいのスムースさです。

最近の高級車と言われる車も乗った事はありますが、レクサスLS600ともBMW7シリーズともマイバッハの滑らかさとも異なり、シトロエンC6は独特なスムースさとフラットな異次元感覚の車です。

エンジンはシトロエンのC5やプジョー407と同じ、3リッターV6(215ps、30.5kgm)とアイシンAW製6ATの組み合わせで、特別パワフルではないものの最高速はメーカー発表値で230km/hまで伸びるとのこと。軽く回るエンジンですがチープさもなく十分な印象です。

なんといってもシトロエンC6の最大の魅力はインテリアです。このインテリアの非日常感は1000万円超クラスではないかと思う位です。

エンジンが3リッターV6とミドルクラス級である分、余ったコストをシャシーとこのインテリアにつぎ込んだ、という感じです。

デザイン・装備・シートなど、デザイナーハウスにいるような感覚です。
ベージュのレザーシートは汚れが目立ちそうですが、雰囲気に一役買っていることを考えると納得できます。

シトロエンC6インテリア

シトロエンXMの艶無無垢材のウッドも大好きでしたが、シトロエンC6のウッドもいい感じです。細かいところでは、前後4枚全てのドアポケットに付く半円状のスライド式のウッドのカバーが面白いです。開けるときは上から押し下げ、閉めるときはダンパースプリングの力で静々と閉まる工芸品のような作りだ。

こういうギミックもビッグシトロエンの魅力なんでしょうね~

しかもドイツ車の同クラスでは1000万円クラスですが、シトロエンC6は700万円と御値打ちプライス。

正直、本気で購入を悩んでいます。車庫の事もあるので我家の愛車の一台を手放さないといけないし・・・
誰かが背中を押すと買ってしまいそうです。

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : フランス車
ジャンル : 車・バイク

おすすめ!
おすすめ!
使ってみよう
おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。