スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャングリ・ラ ホテル東京に宿泊しました②

シャングリ・ラ ホテル東京では、DXキングというタイプの部屋への宿泊となりました。
部屋DXキング
29階の部屋でしたが、もちろん眺望は最高です。

都内でも、コンラッドやマンダリンやリッツ・・・など同等クラスのホテルも増えてきているので特に感動というのはないにしろ、シャングリ・ラ ホテル東京は東洋系ホテル特有のコテコテの雰囲気で海外にホテルリゾートにきた気分を味あわせてくれます。

前日に友人と相当に飲んだ私は、寝起きも相当に悪く・・・というか部屋のカーテンを閉めて寝たのが運のつきでした。かなり分厚い遮光カーテンで朝になっても部屋の中は真っ暗で、気付いたら10:00でした。

翌朝の朝食は、Piacereというレストランかロビーラウンジかルームサービスの3つから選べるようになっていましたが、Piacereは10:30までだったのでロビーラウンジで朝食を頂くことにしました。

オリエンタル、コンチネンタル、ヨーロピアンの3種類から選べるようになっており、私がお願いしたのはフルーツや生ハムがメニューに出ているヨーロピアン。
朝食ヨーロピアン縮小版
コーヒーor紅茶、ジュースのセレクト、パン、フルーツのミールスープ、チーズとハム・サラミの盛合わせがでてきました。
パンはクロワッサンとデニッシュを頂きましたが、他のホテルに軍配があがるかな・・・でも全然美味しいです。感動がないだけ。
フルーツのミールスープは、正直いって私の舌には合わなかったです。ナッツやフルーツがドロッとしたスープ状の中に入っていて栄養はありそうですが、少し甘すぎた感じです。
チーズとハム・サラミの盛合わせは、ビールやワインがあれば最高と思うメニューでしたが、二日酔いの朝なので・・・
一ヶ月前に宿泊したという友人と話したところ、お勧めはオリエンタルだそうです。焼きそばや春巻きが付いているらしいのですが、そこはやはり東洋系ホテルという事もあって外しはなかったそうです。

一週間の出張疲れと前夜の飲みすぎて疲れた体を休ませるには充分過ぎるホテルステイとなりました。

シャングリ・ラ ホテル東京を選ぶ理由は・・・
1.東京駅隣接という事でアクセスがよい
  東京駅に案内が出ていないので少々わかりにくいですが、日本橋口からは出てすぐです。
2.ロビーなどが隠れ家的に静かで落ち着いている
  大規模ホテルにありがちなガヤガヤした感じはなく、都会の喧騒からリセットできます
3.ホテルスタッフが温かい
  フィーリングかもしれませんがアットホームなもてなしは他のホテルより満足度は高いでしょう
4.アメニティがロクシタン
  ロクシタンの香は日本人のフィーリングにあいます。大好きです

シャングリラ・ホテル東京の残念なところ
1.レストランが少ない
  メインダイニングが、日本食のなだ万とイタリアンダイニングPiacereなので少々寂しいです
2.東京駅からのアクセスがわかりにくい
  私の事前調査ミスだったのですが、結構歩いてしまいました

トータル的には、さすが新しいホテルで満足度は非常に高いです。ホテルリゾートというよりビジネスや喧騒を忘れてゆっくりしたい時にお勧めではないでしょうか。

シャングリラ・ラ ホテル東京へ行ってみましょう ⇒ 

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 高級ホテル
ジャンル : 旅行

BMW値引きについて(複数見積もり)

Q1 複数見積もり(相見積もり)について

BMWディーラー複数から見積もりをとって一番お値打ちなところで購入しようと考えていますがいかがでしょうか?


A1 あまりやらない方がいいでしょう

同一エリア内に複数ディーラーがある地域があります。例えば大阪ですと・・・BMW大阪、TanakaYuki BMW、Eins-A BMW といった感じです。これらは全て別の会社ですので買う側からしてみると最もお値打ちなディーラーでという気持ちもわからなくはないというか消費者心理としては当然でしょう。
しかし、BMW側においてはそのような値引き競争の価格崩れを防ぐために、買い回りをするお客様についてはそれぞれのディーラーにすぐに連絡がいく連携体制をとっています。値引きや下取価格についてはどこの提示も同じにします。そしてお客様の最も利便性のよいディーラーで購入して頂くように誘導していきます。

これらについては、各エリアで行われるそれぞれのディーラーが集結するディーラー販売会議ではよく話題に上る内容で、エリア内で価格競争をしてBMWの値引きが過剰になり市場価値が下がっていくのを防ぐための協定がおこなわれているということです。
値引きが過剰になり購入価格が下がると買う側としては嬉しいのですが、中長期的に見ると価値が下がって下取りや中古車市場にも影響がでてきます。

このような事を組織的に行なう事によりBMWは、お客様の信頼も維持しつつ中古車でも価値があるために業界ではいち早くバリューローンという残価据置型ローンを導入し購入しやすさを売りに市場をのばしてきました。

とはいいつつも、営業マンもディーラーも販売台数が欲しいのでエリア内協定を知りながらも自社で購入してもらうためにお客様との交渉にのることもあります。ただ、他のディーラーにばれたときに、エリア販売会議でこってり嫌味を言われ、あまりにも度がすぎると付合いがなくなり完全孤立に状態になるリスクももっています。そこまでの状態になったディーラーを私はまだ見たことはないですが、私のいたディーラーでも営業マンが他ディーラーのお客様を価格で取ってしまう事もあり、販売責任者として非常に会議で居心地の悪い思いをしたことも多々あったものです。

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

BMWアカデミー

BMWは、コーポレートアイデンティティ(以下CI)を非常に重要視する事は以前に少し触れさせて頂きました。
そのCIが徹底されている大きな理由の1つが充実した研修制度です。
おそらく、国産・輸入車ディーラーの中でもBMWが行う研修というのは先を進んでいると言っても過言ではないでしょう。

BMWは、BMWアカデミーという研修専門のセクションを持っています。千葉県幕張にある住友ケミカル・エンジニアリングセンタービルをはじめ、最近では神戸にもできたようですね。

   住友ケミカル・エンジニアリングビル         BMWアカデミー神戸縮小版
住友ケミカル・エンジニアリングセンタービル        BMWアカデミー神戸

私も入社してすぐに、住友ケミカル・エンジニアリングセンタービルに研修に行きました。このビルは、ドラマ“ショムニ”や織田裕二主演の“お金がない”などで使われた有名なビルで、研修といえどこのビルに来ただけでも何か誇り高い仕事をこれからやるんだ!という気持ちが高ぶりモチベーションが上がった記憶があります。しかも、BMWジャパンの提携で宿泊するホテルは幕張プリンス ⇒  ときてる。テンションあがります。もうそれだけで一流セールスマンになった気分になったものです。

様々な企業で研修というのは行われていたものの、BMWアカデミーの行う研修は独特で何でもドイツのBMWA.G.から管理されているもので完全に体系だったものです。後にレクサスが立上げの際にディーラースタッフをホテルやサーキットで研修している事が話題となりましたが、BMWは既にその前から実施しておりノウハウをもっていました。

BMWアカデミーは、セールス向けの研修はもちろんローン商品やリースについての企業提案の為のファイナンス研修の実施やメカニック向けの研修設備も保有しており、莫大な投資を研修に費やしているのは明らかです。

BMWの車というハードの魅力はもちろんですが、それらを扱うスタッフというソフトの部分の品質も管理されることにより魅力的な車として世界はもちろん日本においても位置づけされているのですね。

手数料無料、スプレッドは1銭から、レバレッジ400倍選択可能、「みんなのFX」





にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

シャングリ・ラ ホテル東京に宿泊しました①

シャングリ・ラ ホテル東京に宿泊しました。

今週は、火曜日から出張がはじまり金曜日に帰る予定でしたが、急遽東京にいる友人と食事をすることなりリフレッシュも兼ねて最近オープンしたシャングリ・ラ ホテル東京を手配しました。

一休.com ⇒ で調べたところ、朝食付で39,800円とのこと。通常宿泊料金は70,000円以上のはずなので早速手配となりました。

東京駅に到着し、一週間分の荷物がつまったキャリーを引きずりながらシャングリ・ラ ホテル東京を探す・・・確か大丸デパートに隣接しているはずだからとホテル入口の案内を探すが見つからない・・・

しょうがないので大丸デパートを抜け外に出ました。
丸の内トラストタワーはすぐに案内があり向かっていくが、広大なビル内を抜けること10分弱・・・やっとシャングリ・ラ ホテル東京入口に到着しました。

ベルの方がすぐに出迎えてくれ荷物を預け、エレベーターに乗りロビーフロントへ。
先ず目に飛び込んできたのは、豪華なシャンデリア!エレベーターの中もシャンデリア!
シャンデリア

東洋系ホテルらしく金色を主体としたゴージャスな雰囲気はこれから始まる非日常的な時間を予感させてくれます。

チェックイン手続きをし部屋のレクチャーを受け、改めて部屋を探索すると、さすが新しいホテルですね。スタンダードなタイプでも50平米の広さがあり広い。
アメニティも充実でロクシタンがフルでセットされています。
ロクシタンアメニティ縮小版ロクシタンソープ
テーブルには砂糖を敷いた上にウェルカムチョコレートが箱入りで、またベッドサイドには、ミネラルウォーターが・・・しかもマドンナ等セレブ御用達のVOSSミネラルウォーターが置かれています。
VOSSミネラルウォーター縮小版

友人との約束もあったのでロビーに下りていくと、ホテルのスタッフの方の対応も自然体で高級ホテルにいながらも落ち着く感覚!ハードだけでなくソフトにも根付いているシャングリ・ラ ポリシーがそこかしこに感じられます。

今回は残念ながら外で食事をしましたが再びホテルに戻りシャワーを浴びましたが、シャワーとバスタブはセパレートになっているのはもちろん、シャワーも通常のものと浴室の天井から雨のように降り注ぐものと2種類ついており、出張疲れを癒すのに充分なつくりになっています。

次回は、シャングリ・ラ ホテル東京での朝食と総括についてお届けします。



にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : 高級ホテル
ジャンル : 旅行

シトロエンXM-X

今日は、だいすけの思い出の一台を御紹介します。

シトロエンXM です

シトロエン


私が所有していたのは、’92年式のXM-Xというモデルでした。
ディーラー営業マン時代に親しくなった御客様から、「手放そうと思っているけどどこに持っていっても値段がつかない・・・」という相談をうけ、個人的に15万円で買い取った記憶があります。

ただし、ディーラー勤めをしていて御客様の車を個人的に引き取るという行為は“横領”という不正行為として見られてしまい、場合によっては“くび!”という事態にもなります。実際には会社に下取りとしていれると御客様の希望下取り価格と合わない場合もあるので、そういう時は知人の中古車屋に流したり個人売買の仲介をしたりして動かし新車成約を頂く場合もあり、暗黙の了解的なところはありました。(最近はどこのディーラーも厳しいようですが・・・)
私も表向きには知人から譲ってもらったという事で乗っていた記憶があります。

シトロエンXMは、1989年に登場したシトロエンの最上級モデルです。足回りはシトロエンらしくハイドラクティブという進化した電子制御の油圧サスペンションとなり、日本では左ハンドルタイプに限ってセルフセンタリングという油圧で自動でセンターに戻るパワーステアリングがついていました。
エンジンはプジョー605にも載っていた170馬力のPSAのV6でZF車の4速オートマチックと組み合わされていました。
特に高級モデルのXM-Xは、レザー内装で無垢の艶無ウッドパネルが奢られアヴァンギャルドな雰囲気のフランス車です。

シトロエンXMについては⇒

XM-Xインテリア

首相時代の細川氏も乗っていましたし、映画ではジャン・レノも出ていた“RONIN”でも壮絶なカーチェイスで登場した車です。

引き取りに行き、乗って帰った時先ず、ハイドロサスペンションを期待していた私は大きく期待を裏切られた印象でした。普通に道路の段差を拾うし、これでシャンゼリゼの石畳を走ってもゴツゴツするだけではないか・・・と思いました。
しかし高速道路に入りスピードを上げていくと、もう別の車に乗っているように雰囲気が変わり、ステアリングはピシッと直進性を保ち、大型クルーザーに乗っているような安心感のある乗り心地でもっともっと高速道路を走っていたい気持ちになる車でした。

その後、3年位所有した後に知人に50万円で売却しましたが、決して儲かったわけではなくマイナートラブル修理や車検などで出費があった記憶があります。
特に後半はクーリングファンのセンサーの調子が悪くなり、同時にエアコンが効かなくなるというトラブルがありました。(接点復活スプレーをセンサーにかけると直りましたが・・・)

最近では、後継車となるシトロンC6が気になります。







シトロエンC6

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking



テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

おすすめ!
おすすめ!
使ってみよう
おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。