スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモカー?新古車?

ディーラーに行くと“デモカー”や“新古車”を勧められることがあります。
デモカーや新古車とはどのような車をいうのでしょう。
違いは・・・
デモカーも新古車も中古車です。特に新古車というのは、誤解を招きやすいという理由で新古車という表現を使わないディーラーもあります。

デモカー
主に試乗用などの目的で登録をされた車です。
新古車
販売奨励金(インセンティブ)などの為にディーラーが自社登録を行い、未使用車として販売する商品車のことをさす場合が多いでしょう。ディーラーによってはキャンセル車や展示車を指す場合もあるようです。

登録された車(ナンバーがついた車)は例え未使用であろうと中古車です。すなわちデモカー登録された中で未使用のものが新古車という位置づけが一般的です。

デモカーはどのような使われ方をされているのでしょうか。
最も多いのが、週末の展示会などでの試乗です。特にスポーツ性の高い車だと御客様によっては非常に荒っぽい試乗をします。私も一緒に乗って何度も怖い思いをしたことがあります。

修理や事故時の代車として使われる場合もあります。しかし御客様に貸出すと時々傷が付いて戻ってきたり、煙草を吸ったりとかで車が傷んでくるのも否定はできません。

未使用の新古車は基本的には新車と同じなので程度はいいですが、登録済なので長期在庫になればなるほど車検や新車保証期間が短くなります。その割には新車を値引きして購入するのとさほど大きな価格差が無かったりします。

個々の考え方もありますが、私個人の考え方は未使用の新古車を買うのであれば新車を値引きして買ったほうが満足度は高いと思います。デモカーは中古車として割り切ればいいかもしれませんが、中古車としては価格は高めの設定になるので試乗などをして程度の確認をして納得してから選択したほうがいいと思います。

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

フランス車の魅力

外車といえば一昔前はドイツ車が主流でした。ベンツ、BMW、アウディ、VW・・・
フランス車やイタリア車に乗る人は、よほどのマニアで故障もものともしない人が多かったのでしょう。私が輸入車業界の仕事を始めた頃はラテン車といわれるフランス車やイタリア車が少しづつメジャーになり始めてきた頃でした。JAXという販売店がラテン車を扱い、Tipoという雑誌が発刊されました。ディーラーも日本法人として整備をされてきて、プジョー車は、スズキやローバーディーラーや日商岩井からインチケープ・プジョー・ジャパンその後プジョー・ジャポンという日本法人の取扱いになりました。シトロエンも西武系販売店やユーノスディーラーでの販売を得てシトロエンディーラーが取扱いとなっています。

フランス車はここ最近は本当にクオリティが高くなってきています。故障もほとんどしなくなったし、内装も高級感あふれる作りになっています。装備も国産車にも引けをとらないくらいです。少し前までのフランス車は、内装はプラスチックそのもので走るとミシミシ音がしました。エンジンも非力で小型車だと排気量は1000~1600ccが主流、ミディアムセダンでも1800~2000cc、最上級グレードでも3000ccです。ドイツ車ですとVWゴルフでも1800~2000ccでベンツやBMWクラスだと2500~3000ccが主流モデルだったことを考えると差が感じられます。
プジョー プジョー309

しかし、そこがフランス車の魅力でした。
私自身が思うフランス車の魅力は“さりげなさ”でしょう。背伸びをせず、つまり内装のプラスチックを無理やりウッドに見せるのではなくプラスチックはプラスチックという正直な主張、エンジンも必要最小限の排気量やパワーを元気に引き出す、装備もシンプルでアルミホイールよりもスチールホイールにキャップ・・・こんなフランス車を普段着感覚でがんがん乗るのが御洒落に感じます。これが国産車の小型車だと生活感が見え隠れしますがフランス車だと御洒落に見えるのが不思議ですよね。
プジョーホイール
実際にフランスでみるフランス車はシンプル装備のグレードが多かった記憶があります。日本では国産車を買う人は最上級グレードを買う人が多いと思うので反対ですね。
ただプジョーなど特に日本戦略を重要視していたので日本のマーケットにあわせて装備などを充実させていました。映画やドラマでも使われてブランド価値も高まりました。実際にプジョーの販売台数は群を抜いて伸びましたので~

でもフランス車はシンプルな小型車をベースグレードでがんがん乗るのが格好いいような気がするのは私だけでしょうか・・・

ちなみにフランス車の上級グレード車種はドイツ製高級車とは違った雰囲気と魅力があります。また次回触れたいと思います。
シトロエンC6

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : フランス車
ジャンル : 車・バイク

BMW値引きについて(在庫車②)

BMWディーラーにおける在庫車については以前のブログでも書かせて頂きました。

過去の記事です⇒BMW値引きについて(在庫車)

ディーラーによっては、この9月が決算のところもあるので在庫車の上手な買い方について再度書いてみます。

ディーラーにとって在庫処分をしたい車というのは、長期の在庫車です。BMWの場合は発注した車がディーラーに入庫されてから約3~6ヶ月(ファイナンスによりますが・・・)経つとBMWジャパンに対して支払いが発生してきます。ディーラーによっては一定の時期に発注した車が在庫になってしまっている場合は支払いがまとめてきてしまいます。
単純に500万円の車が10台ある場合は、支払額が5000万円にもなるので特に決算期は財務状況を勘案すると値引きしてでも販売して、御客様やローン会社からの入金をBMWジャパンへの支払いにあてていった方がよくなります。

せっかくBMWオーナーになるのだから色や仕様は妥協できない・・・という方もいると思いますが、この時期はディーラーの営業マンに「お値打ちになる車はありますか?」と正直に聞いてみるのも1つの手かもしれません。
同じ色で仕様の3シリーズでも場合によっては値引きが20万~30万円位はかわる場合はありますよ~

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

BMW認定中古車

BMW認定中古車は非常にクオリティが高いことで知られています。
町の中古車屋さんでもBMWの中古車は扱っているでしょう。でもディーラーで扱っているBMW認定中古車はそもそも成り立ちや考え方が全く異なります。

町の中古車屋さんのBMWは大半がオークションなどで仕入れてきた車です。それらの車の外装をピカピカに磨き、ルームクリーニングをしオイル交換などを行い販売します。BMWに限らず中古車屋さんの車はほとんどがそうです。

BMW認定中古車は、ディーラーで販売されディーラーでメンテナンスをされてきた素性がはっきりしている車です。修理履歴をはっきりさせる為に新車を販売する際にBMWではサービスフリーウェイという3年間メンテナンス費用がかからないサービスにお客様には加入してもらいます。消耗品や点検などの費用がかからない訳ですからお客様は定期的に点検を受けますので程度のよい車として維持されます。それらの車がディーラー経由で中古車として入庫し、100項目の点検が行われます。
つまり、BMW認定中古車は中古車とはいいつつも、きちんと自らがメンテナンスを行ってきたという状態で手に入れることができます。しかも保証もついてくるので満足度は新車を購入したのと同等です。もしかすると新車を購入する値段でワンランク上の車種を狙えるので満足は新車以上の方もいらっしゃるかもしれません。

バリューローンという残価据置型のローンで月々の負担が軽いローンも使えます。

BMWは高級ブランドというイメージを大切にしながら、本当にいいものを本気で望んでいるお客様には手に入れやすいプログラムで購入できるようにしています。
インターネットでも車種や相場は検索できるので一度調べてみてからBMWアプルーブドセンターに足を運んでみるとBMWが手に入れる夢が叶いますよ!

BMWに関する本です⇒BMWの本

毎週金曜日はポイント最大3倍!さらに4倍のチャンスも!





にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

蓼科ブライトン倶楽部

お気に入りのホテルの紹介です。

蓼科ブライトン倶楽部住所:〒391-0301 長野県茅野市北山5513
電話:0266-67-5511

蓼科にあるホテルです。ホテルという名称ではなく倶楽部となっているのは以前はゴルフやリゾートの為の会員制のクラブハウスだったからだそうです。現在は一般の方でも普通に宿泊予約をすることができます。
私も一年に一度は御世話になるホテルです。
エントランス
①蓼科ブライトン倶楽部はサービスが温かく心地よい
決して大きなホテルではないのですが、一人一人のスタッフが笑顔で対応してくれ気を遣ってくれます。しかも押し付けがましいものではないので自然体で心地よいです。
過去に宿泊した際に連れの風邪で体調が悪くなってしまいました。フロントに連絡するとすぐに薬をもってきてくれました。ここまでは当たり前かもしれませんが翌朝に少しよくなって食事へ向かおうとするとスタッフの方が“大丈夫ですか?”と優しく声をかけてくれたり、朝食メニューも調整してくれたりと・・・こちらが要請をするからではなくスタッフから提案や申し出をしてくれました。

②蓼科ブライトン倶楽部は食事が美味しい
メインダイニングの“クリフテラス”と和食の“蓼”があります。
クリフテラスはコースの品数も多くボリュームたっぷり、ワインもたくさんの種類から選べるのでソムリエの方と楽しい説明を受けながら味わうことができます。
デザートもワゴンサービスで出てきて、特に焼きたてアップルパイは本当に美味しいです。

③蓼科ブライトン倶楽部の部屋はメゾネット形式で広く、贅沢~
ドアを開けて先ず、執務ができる応接があり、階段を下りていくとリビングが広がっています。リビングからはテラスに出ることもでき優雅にお茶を楽しんだり夜は星空を見ながらお酒を飲むのもいいかも。ベッドルームは別の部屋になっています。スイートルームですね。滞在型で使っても圧迫感がなくゆったりとした時間を過ごせます。
部屋① 部屋② 部屋③

④蓼科ブライトン倶楽部の館内
プールや大浴場やライブラリーがあります。ライブラリーでビデオを借りて部屋で見ながらゆっくり過ごすのもいいですね。

蓼科ブライトン倶楽部は蓼科の観光地区から山に向かって車で走ること約15分位でしょうか。ホテルの入口が交差点から見えにくいので初めて行く方は通りすぎてしまう可能性がありますのでご注意を・・・

車はそのままエントランスへ。すぐにベルの方がきてくれ、荷物をおろして車は移動してくれます。

近くには美味しいお蕎麦屋さんもありますし、観光スポットも数多くあるので是非行ってみてください。一度宿泊をすると定期的に情報誌が送られてきます。
但し、冬の間は宿泊ができなくなります。(確か11月位から3月までだったと思います)紅葉が綺麗になるこれからの季節は抜群でしょう!

蓼科ブライトン倶楽部の魅力
     ↓
スモール・ラグジュアリーホテル特集


にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : 国内ホテル情報
ジャンル : 旅行

おすすめ!
おすすめ!
使ってみよう
おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。