FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値引きについて①(ディーラー環境と顧客層の変化)

<昔は…>
“外車は値引きゼロ”なんて事を言われていた時代もありました。その一方で“言い値でディーラーのセールスマンがベンツを置いていった”なんて話をする社長さんや病院の先生がいたのも事実です。

確かにその昔は、“輸入車=富裕層”だったので、値段の話よりより確実に希少な車を納車することと故障などのトラブルに対してのアフターフォローに力を注いでいました。
また、ベンツやキャデラックなどを扱っていたヤ○セはインポーターとしての機能をしていたので仕入れた車の在庫コントロールの為に一部の上級顧客に叩き売りなんて事も現実にありました。

<今は…>
上記の様な事も全く無くなったわけではありません。むしろ、ディーラーのセールスマンとしては、そのような売り方をしていった方が楽だし確実…
しかし、“輸入車≠富裕層”となり、顧客層も若者がローンで気軽に手に入れることができるようになり〈BMWの場合は、バリューローンという残価設定型のローンがあり月々の支払額を抑えることができます〉、ファミリー層や国産車を乗り継いできた退職した年配層の方が老後の楽しみや夢を叶える為に購入するなど大きく変わってきました。
また、販売店環境もヤ○セや商社だけではなく、メーカーと直結した日本法人がインポーターとして介入するようになり販売店をコントロールするようになってきました。

結果として、顧客への公平性やエリアにおける価格競争における価値低下を防ぐ為、また国産同等クラスとの比較の為にも一定の値引きが慣例化してきています。

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ!
おすすめ!
使ってみよう
おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。