スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値引きについて②

輸入車のインポーターからディーラーへの仕切りは、販売希望価格(定価)の約85%前後です。
つまり、新車定価445万円のBMW320の仕切りは約378万円なのでディーラーは仮に値引きゼロの定価で販売しても67万円しか儲からないということです。(実際は登録手数料をはじめとする収入があるのでもう少し儲かりますが

しかし、実際の営業現場においてはお客様から値引きを強く要求されます。
「アウディは、20万円値引きしてくれるらしいけど、BMWはどうなの?」
「低金利でお値打ちというけど、今回は現金でお値打ちに買いたい…」

BMWディーラーの場合は、値引き幅は販売希望価格(定価)の5%位までというのが一般的です。
輸入車ディーラーのセールスマンは販売台数に応じて報奨金が支給されることが多く、値引き幅が一定基準を超えてしまうとその報奨金が減額またはカットされてしまう事があるので担当セールスマンの上司の特別決裁などがない限りは基本的に決められた範囲内の値引きしか行わないことが多いでしょう。
実際、ディーラーセールスマンの基本給なんてしれています。まして営業職なので残業手当がつくところなんてほとんどないので…

正直、売らないとまともな給料にはなりません。
ちなみにだいすけの場合、管理部門に配属されるまでの約5年間の30歳代前半までは某BMWディーラーで営業をしていました。当時の給与明細をみると、基本給:約18万円、営業手当:2万円、報奨金:平均15万円で月平均給与が約35万円で手取りで30万円位でした。これでも、1ヵ月当り5~8台位はコンスタンスに売る成績でそこそこ売って表彰された経験もあります。
よく売った月の場合は給料が60万円の時もあれば全く売れないと手取りで15万円強の時もあり、自分自身の金銭管理には相当気を遣っていた記憶があります。

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ!
おすすめ!
使ってみよう
おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。