FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プジョー405の思い出

プジョー405は、1987年~1997年まで生産されたプジョーラインナップの中ではミディアムクラスの車です。といってもドイツ車と比較するとBMW3シリーズやアウディ80あたりが同車格かもしれません。

プジョー405SRI

デザインは、ピニンファリナによるセダンが中核となっており、後にブレークと呼ばれるステーションワゴンボディが追加になりました。

プジョー405ブレーク

日本では、セダンボディの“SRI”、レザー内装の“グリフ”、スポーツモデルの“Mi16”、ワゴンモデルの“ブレーク”が主にラインナップされローバージャパンとスズキがディーラーとして取扱いをしていました。

初期モデルは、1900ccエンジンで後期モデルは2000ccとなりました。この後期モデルのエンジンは後に登場する306シリーズにも搭載される事になります。しかし、306と405は車格も異なるせいか同じエンジンでも性格が異なるように感じます。306では軽い吹け上がりのSOHCエンジンが405ではしっとりとした落ち着いた印象をうけます。

私は、405ブレークを2台(1900cc&2000cc)と405MI16(1900cc)を1台所有しました。特に印象的だったのは、MI16です。初期型だったのでインテリアもプラスチックそのものでギシギシ音がするし、速いかというと決して驚くほどの速さもなく、元オーナーの話を総称してもトラブルも多く作りもチープで決していい話を聞かないことも多いです。しかし、乾いたサウンドや吹け上がりの軽いエンジン、FFだけど取り回しのいいハンドリング、なんと言ってもフランス車特有のふかふかのレザーシートなど魅力的な要素もたくさんあります。特にシートはプジョーにおいては、405シリーズまでが本当の意味でのフランス車のシートでしょう。(それ以降はドイツ車のような硬めのシートになってしまいます)

プジョー405Mi16インテリア

トラブルも正直ゼロとはいえないまでも大きなものはあまりききません。O2センサーといわれる触媒についているセンサーが比較的駄目になりやすく、エンジンのかかりが悪くなったりアイドリングが安定しなくなったりというトラブルはよく聞きます。

ブレークについてFF車のためにカーゴルームのリアタイヤの出っ張りがほとんど無いため非常に使いやすく、世間的にもセンスのよい大人の車というイメージで使えます。私は、後に登場する306ブレークに乗り換えましたがボディの大きさはほとんど変わらないにも関わらず、405の方が車格が上級なので306ブレークに少々物足りなさを感じたのも正直な印象です。



にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : フランス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ!
おすすめ!
使ってみよう
おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。