スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E46からE90になって、3シリーズの魅力は?

我家では、今年で7年目のE46の3シリーズ(M54の320i)を所有しています。

先回の車検の時も新しい3シリーズE90(325i)への買換えを検討しましたが、結局車検を通しました。今回も検討はしたものの先日にディーラーへ車検のお願いをしてきたところです。

我家のお家事情の中で、他にも車があることや昨年に1台増車をしていることも理由にはあります。また年数乗っているので査定額が期待できないこともあります。しかし、新しい3シリーズであるE90に魅力を感じなかったのも大きな理由です。というよりもE46への思い入れの強さもあったのかもしれません。担当の営業マンも元同業の仲間という事もあり強く勧めてこないので、背中を押してくれる人がいないのもあります。

E90は、何度か試乗しました。代車で借りたこともあります。E46と比較すると・・・

①社内の広さ
E46:全長4470 車幅1739 車高1415 (セダン)
E90:全長4540 車幅1800 車高1440 (セダン)
E90の方が、ひとまわり程サイズアップしています。見た感じはさほどでもないですが、室内に乗込むと特に横方向のゆとりに差があることを感じます。わずか数センチの差が影響しているのは大きいでしょう。また、E46のダッシュボードデザインが囲まれている感が強かったのに対し、E90のダッシュボードは直線を基調とした開放感のあるデザインになったというパッケージの影響もあると思われます。

E90 325インテリア 

②操作系スイッチが軽くなった
E90になってハンドルが軽くなったり、ドアの開閉についても軽くなったりして扱いやすくなっています。ウィンカーレバーもスイッチストロークが無い方式なので今っぽい進化をしています。

③エンジンも静かで軽い印象に・・・
E90の6気筒エンジンは、2500cc~となっています。我家のM54エンジンの2200ccのE46よりも、排気量も馬力トルク共に向上していますので余裕は感じます。というよりも軽く感じ、エンジン音も静かです。

④装備その他
意外と魅力的に感じたのは、エアコンの吹きだし口がリアーのコンソール部分についたことです。E46モデルはリアーにエアコンの吹きだし口が無かったために特に夏場はリアーに座る同乗者からクーラーの風が来ないというクレームがありましたので、E90では解消されそうな感じです。
ETC内蔵のルームミラーナビがビルトインされている(精度や使いやすさは社外製品に軍配があがりますが・・・)、idrveというダイアル式のコントローラーで各種設定ができるなどE46に比較するとE90は確実に進化を遂げた新しい車の印象です。輸入車というと国産車と比較して装備や機能が劣っているイメージがありますが、E90ではそんなことは皆無でむしろデビュー当時は国産車の先をいっていたといっても過言ではないでしょう。

取りあえず思いついた事を書き並べましたが、総合するとE90になって操作系は軽くなり、充実装備や快適性は増したというのが感想です。そりゃそうですよね・・・新しいモデルですから進化していないとおかしい。

しかし妻と話したときにお互いに一致した意見は、「なんかドイツ車らしさが無くなった・・・」です。ドアの開閉もE46のバスっという重厚感のある音からE90はバシャっといった軽い感じです。でも密閉間や安全性は絶対に新しいモデルの方が進化しているのでしょうけど、多分感覚的な感じです。エンジン音も「E46はドイツ車特有のフオーンという低音からE90は、ウィーンという静かで軽い音・・・」

という事で新しいモデルは羨ましい反面、家族会議の結果は今のE46を乗り続けようという事になってしまいました。

残念・・・


にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ!
おすすめ!
使ってみよう
おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。