スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW認定中古車の出どころは?

認定中古車という言葉がここ数年の中で一般的になってきたような気がします。

一昔前は、中古車というと町の中古車屋さんが近所の人から買い取った車やディーラーの下取車を並べて販売していたイメージでしたが、最近はディーラー系の中古車センターも増えてきました。

BMWは認定中古車を扱うアプルーブドカーセンターの歴史も古く、扱っている車の質も高いので安心です。

BMW認定中古車仕入れ方法や素性については、あまり知られてはいませんが様々でもあります。

①新車で購入された御客様の下取車
車検やバリューローン最終回での買換えで入庫のケースが多く、サービスフリーウェイ(メンテナンス費用や保証延長などが含まれるパッケージプログラム)に加入している場合は、ディーラーで定期的にメンテナンスを受けられており、過去のメンテナンス記録なども残っていて程度はそこそこいい車が多いです。但し、車種や色やオプションなどは一般的なものが多いので珍しい色や仕様はあまり出会いにくいです。

②他店に買取や下取で入庫した車をアプルーブドカーセンターが買い取った車
地方などはディーラーよりも昔から取引のあるモータースなどで車を購入する人も多く、その場合は独自のメンテナンスをされていることも多いので程度に個体差がある場合が多いです。

③オークションなどで落札し仕入れた車
②と同様に過去のメンテナンス歴が曖昧で個体差がある場合が多いのと、ディーラーが認定中古車にすると後々リスクになるのを嫌がってオークション出品する場合が多いです。しかし、珍しい車や色があります。御客様の希望で車を探す場合に使われる方法です。

④ディーラーで試乗車などで使われていた車
高年式で新古車的な位置づけで販売されます。(新古車については、当ブログでも過去触れたので参考にしてみてください)
価格帯も高めの設定のケースが多く、新車との比較の中でお値打ちかどうかの判断をした方がいいでしょう。また、不特定多数の方が試乗しているケースも多いので新車との試乗比較をすると尚更安心です。

⑤インポーターであるBMWジャパンが広報用やデモカーとして使用していた車をアプルーブドカーセンターが仕入れた車
雑誌などで評論家の方々がインプレッションしたそのものの車の事もあり、装備や色も魅力的な車も多いです。しかし、評論家の方々がサーキットやワインディングロードをハードなドライブをしているケースもあります。また、BMWが船で到着し保管されている千葉県某所はひょうが降る事でも有名で、ボディがひょう害にあったものを板金修理をされている車もあります。(その場合はちゃんと表記されているので確認することは可能です)

思いつくのはこんなところでしょうか。
もちろん、上記のいずれの場合でも認定中古車としての整備はきちんと行われます。
しかしながら、車輌個体の程度や価格帯にも差が出てきているのは事実です。


にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ : BMW
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ!
おすすめ!
使ってみよう
おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
査定おすすめサイト!
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。